ルフルーヴの舞台裏 ー日本酒ショコラ「仙櫻」の製作秘話編ー | le fleuve ルフルーヴ

2021/01/23 23:06

ルフルーヴ妻の上垣ゆかです。
いつも、ありがとうございます!!

例年ならば、店頭でお客様にお話ししている
ルフルーヴ工房の舞台裏について。
ブログで少しずつご紹介して参りますね。

今日は、ルフルーヴの人気のショコラ仙櫻のショコラの製作秘話を。

数年前、パレドオールの三枝シェフの獺祭ショコラをいただいた際に、
その美味しさに感銘を受けたシェフ上垣。
ルフルーヴ工房の地元のお酒「仙櫻(せんさくら)」で日本酒ショコラが作れないかと考え始めました。

ですが・・・お酒にはあまり強くないシェフ。
そこで、日本酒大好きのわたくしの出番です(笑)
試作を何度か食べさせてもらっているうちに、
もう少し、お酒入れてみたら?の提案が続き、
ガナッシュに入れる日本酒の量は増え続けて
とうとう最終的には
「もうこれ以上お酒入れると、チョコレートが固まらないんだけど・・・」
とシェフがいうほど、日本酒が目一杯入ったガナッシュが完成(笑)
もちろん、それが一番美味しかったので、マダムのOKサインが出ました。

こうして、まさに、お酒好きのお酒好きによるお酒好きの為のショコラが生まれました。

今日、ランチを食べに出かけたお店で流れていたテレビで
佐々木蔵之介さんが日本酒のお話をされていました。
造り酒屋に生まれた佐々木さんは、まるで試飲をするように、じっくりとお酒を大切に毎晩晩酌されているとか。
オンライン飲みには全く興味がなく、1人でじっくりしっぽり飲んでおられるそうで。
そんな佐々木さんに、急にすっかり親近感の湧いたマダムでありました。

実は、仙櫻のショコラアソートは、
日本酒ショコラが3個・お口直しのプレーンのショコラが3個ずつとなっています。
毎年、「6個全てを日本酒のショコラにして欲しい」というご要望をいただくのですが・・・
多分、お酒を愛する佐々木さんには、
このお口直しが入っている理由をきっと理解っていただけるのではないかと勝手に信じております。

しっぽりと愉しんでいただく日本酒ショコラ。
そんなイメージです。

いつか、仙櫻のショコラも佐々木さんに届くといいな、
なんて密かに思いながら
今日はここらへんで筆を置こうと思います。

次回の、ルフルーヴ工房の舞台裏もお楽しみに。