2019/06/25 08:00

今日のパリは本当に暑かったです。真夏です。

日本はもっと暑いんだろうなと思ったりもしますが、

そんな日に限ってエアコンも温度計も材料を計るはかりもないアパートでチョコを作っている奴はいないでしょう。


僕以外には。



さて、今日は先日のスパイスの試食会で気に入ったものを買いに行って来ました。
前回の中から12種類ほどに絞って、実際ショコラに加工してみます。
綺麗に香りが出るのか、うまくバランスは取れるのか、仕上がりがイメージを超えてくるかチェックします。


いつもは北海道の牛乳から出来た純生クリームというものを使ってショコラを作っていんるです。でも今回使うのはフランスのクレームフレッシュって言う、こっちでは一般的なんでしょうけど、日本ではほとんど見かけないちょっと発酵したクリームで硬さも味も全然違う物。
後、驚く事にガラスの瓶入りです。

もっと驚く事に、よく見てみるとイズニーとかノルマンディーとか書いてあるんですよ!


業界の方以外には温度差が出来てしまいました、はい。


簡単に言うと酪農が盛んで良い牛乳の取れるフランスの地域です。
僕らからすると乳製品の聖地の様なところです。
日本で買ったら業務用の卸価格でも3倍以上の値段だと思います。
それが庶民の味方、スーパーマーケットで、しかも激安で売っているのには驚きました。


忘れてましたよ。
そうです。ここはフランス、そういう事です。
と納得しながらもなんだかワクワクしますよ。


そのクレームフレッシュを舐めながら、今日は2種類仕込みました。苦戦しながら。
材料がいつもと全て違うので。


青いレモンだと思って買ったらライムだったとか。

八百屋の字が下手なのとプライスカードの位置がむちゃくちゃでどれがどの商品かわかんなかったんです。
後、クリームの酸味が思ったより強かったりとか。

ようやくこっちの食材にも慣れて、新しいスパイスも手に入ったので明日はもう少し出来そうです。